Twitterで日々の養生法を発信中!

足三里(あしさんり)

◯取り方

膝(お皿)の下から指4本分下/親指を膝の上にのせ中指の先端があたる所

 

足三里は、

  • 強身作用
  • 調和気血
  • 健胃止痛

の作用があり、臓腑の気血を補い身体の抵抗力を高める働きがあります。

 

「もも引の破をつづり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかかりて」奥の細道:松尾芭蕉著

→足三里に灸をすえてみれば、旅の準備は整って、松島の月が脳裡に浮かぶという内容です。

 

昔から健康長寿のツボとして有名な足三里。

 

お灸を据えてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です