Twitterで日々の養生法を発信中!

陰陵泉(いんりょうせん)

◯取り方

内くるぶしから膝方面に上がっていき、膝下で指が止まる所

 

陰陵泉は水分代謝や身体の余分な物を排泄する役割があり、

  • むくみ
  • 身体が重い
  • おしっこが出づらい

時に用います。

 

また、五臓の「肝と腎」を補うツボでもあり、女性の陰部痛や痒み、月経痛などにも用いることがあります。

 

太白と同様にお灸を据えるのがおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です