Twitterで日々の養生法を発信中!

南瓜(かぼちゃ)

薬膳的効能

 

かぼちゃは甘味・温性、帰経は脾経と胃経。

 

「補中益気・解毒・消炎止痛」の作用があり、

  • 元気がない
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 冷え性

などに期待ができる食材です。

 

また黄色い食材は五臓の「脾」を養います。

 

🔽 脾(五臓)って何?って方はこちら。

五臓とは何か?【働きや役割も解説します】

 

脾の役割を簡単にお伝えすると、

食べ物を消化吸収して栄養(気血水)を生みだす働きをします。

 

胃腸(消化器系)の役割をすると思っていただければと^ ^

 

つまり、脾が弱ると栄養(素)を作れない、全身に栄養を送れないため、

  • 病気になりやすい
  • 消化吸収うまくできない
  • 冷えやすい
  • 不安になりやすい
  • 生理痛がつらい

などの様々な症状が出てきます。

 

そのため、黄色い食材や自然な甘味で「脾」を補うことは大切です。

栄養学的効能

 

かぼちゃは主に、

  • ビタミンACE
  • ビタミンB群
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • 食物繊維

などを含みます。

 

栄養学的には

  • 活性酸素の除去
  • 免疫力を上げる
  • 胃腸を整える

などに期待ができると言えるでしょう。

 

ソコがポイント

かぼちゃは夏野菜の中では珍しい温性。体を冷やさず温める作用があります。また皮・種・わたに栄養素が豊富に含まれており、皮にはβ-カロテン、種にはミネラル・不飽和脂肪酸、わたには食物繊維がたっぷり。種は洗ってラップをせずにレンジへ→500wで3分くらい温めたらフライパンに移し→オリーブオイルで焦げ目がつくまで焼く→お好みで塩をかければ完成。おつまみにどうぞ。

 

かぼちゃの煮物

かぼちゃのいとこ煮

かぼちゃと茄のアヒージョ風

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です