Twitterで日々の養生法を発信中!

薩摩芋(さつまいも)

薬膳的効能

 

さつまいもは甘味・平性、帰経は脾経と腎経。

 

「補気・生津・寛腸・通便」の作用があり、

  • むくみ防止
  • 消化不良
  • 便通を改善する
  • 免疫力強化
  • 疲労回復

などに期待ができる食材です。

 

また自然な甘味で五臓の「脾」を補うさつまいも。

 

🔽 脾(五臓)って何?って方はこちら。

五臓とは何か?【働きや役割も解説します】

 

脾の役割を簡単にお伝えすると、

食べ物を消化吸収して栄養(気血水)を生みだす働きをします。

 

※気血水とはカラダの構成に必要な3つの要素のこと。

気:エネルギー

血:血液

水:血液以外の水分

 

つまり、脾が弱ると全身に栄養(気血水)を送れないため、

  • 病気になりやすい
  • むくみやすい
  • 冷えやすい
  • 不安になりやすい
  • 生理痛がつらい

などの症状が出てきます。

 

そのため、普段から自然な甘味で「脾」を補うことは上記の症状を予防することにつながります。

 

栄養学的効能

 

さつまいもは主に、

  • カルシウム
  • 糖化酵素(β-アミラーゼ)
  • ヤラピン
  • アントシアニン
  • 食物繊維
  • カロチン(プロビタミンA)
  • ビタミンC

を含みます。

 

ソコがポイント

さつまいもは切り口から出る「ヤラピン」という成分が腸の働きを促します。また皮の部分は肉質部よりもカルシウムが多く含まれ、抗酸化作用のある「アントシアニン」が豊富に含まれています。そのため皮ごと食べる料理がおすすめです。

 

参考レシピ

 

焼き芋・さつまいもチップス・甘酒と焼き芋のポタージュは簡単にできるのでおすすめです^ ^

 

 

◇さつまいもチップスの作り方

さつまいも切る→揚げる→塩→お好みで砂糖(我が家はきび砂糖)

お子さんのおやつにも最適です^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です